AI生成YouTube「総節約時代サロン」はこちらから

EDを治すにはどうしたらいいか、本を読んで調べてみた。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No12)

 

突然ですが、「EDを治すにはどうしたらいいか?」悩んでいる人がこの記事を読んでいることと思います。 

さて、以下の本に、ある事例が載っていました。

妻が旦那の浮気を疑っていました。

なぜなら性行為が結婚前から結婚後もまったくなかったからです。

結局、判明した真実はED(インポ)だったという話です。

「探偵の現場」

 

しかも、ED(インポ)が原因で、結局、その夫婦は離婚しています。

EDは離婚や夫婦仲の亀裂にまで至る深刻な悩みです。

特に40代以降にEDは起きがちです。

妻だけEDという言葉もあり、以下の記事に書かれています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9427e03a1144f0f7bced82fa258fad1c3d66a166

「妻とだけ、できない」。レス夫婦でカウンセリングを受けたら、妻が抱えていた問題が浮き彫りに

 

2016年の調査によれば、40歳以上の男性の3分の1(約1130万人)がED(勃起不全)に悩んでいるとのこと。

EDの悩みを誰にも相談できずに悩んでいる貴方に向けての記事です。

この記事ではEDを治す方法を紹介します。

ぜひ読んでいってください。 

目次

1 ED治療薬の紹介

いきなりですが、ED治療薬の紹介をします。

心因性のEDではなく、40代以降に起こる性欲の衰えなどが理由のEDであれば、日本国内で現在、承認されている薬は以下の3種類です。

「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」が即効性があり、効くでしょう。

これらの3大治療薬にはジェネリック(後発薬)も販売されています。

先発薬より数百円も安いのに、先発薬と効果の違いはありません。

 

また、以下の記事にも、心因性ではない器質性ED(患者数約1000万人)についての詳しい説明が載っています。

 

以下、「ウィズコロナ時代に後悔しない暮らしの新常識109」という本のP132から、一部を抜粋します。

バイアグラレビトラシアリス
服用のタイミング性行為の1時間前。性行為の1時間前。性行為の2〜3時間前。
効果の持続時間服用後4時間(25mg)、5時間(50mg)服用後5時間(10mg)、7〜9時間(20mg)服用後36時間(20mg)
食事の影響影響を受ける。脂っぽい食べ物の影響を受ける。ほとんど影響がない。
ジェネリック。「トーワ」「キッセイ」「あすか」「DK」等、9社から販売。「サワイ」「トーワ」の2社から販売。「サワイ」「ファイザー」「クラシエ」「TCK」等、8社から販売。

 

国内承認薬は3つですが、上陸間近と見られる、さらに強力な新薬(国内未承認薬)があらたに3つあります。

「ステンドラ」「スーパーカマクラ」「エロクソン」の3つです。

 

これらの国内未承認薬は、海外から輸入して処方する一部のクリニックで手に入れることができます。

ですが、完全に自己責任であり、僕は怖いと思っています。

詳しい情報は各自、調べるか、「ウィズコロナ時代に後悔しない暮らしの新常識109」という本を読んでみてください。

 

また、以下の記事も参考になるかもしれません。

https://yuchrszk.blogspot.com/2024/02/ed.html

【質問】最強のED治療薬(勃起不全改善薬)ってなんですか?バイアグラですか?シアリスですか?

2 注射で勃起力を甦らせる「幹細胞治療」

EDの治療薬だけでなく、注射でEDを治す方法が「幹細胞治療」です。

詳しい説明は「ウィズコロナ時代に後悔しない暮らしの新常識109」を読んでいただくとして、注射自体はほとんど痛みを感じないモノで気楽です。

 

幹細胞治療を行っているクリニックとして、本では「銀座ソラリアクリニック」を紹介しています。

週に1回の注射を4回行います。

1〜2年経って効果が弱くなってきたと思ったなら、もう一度注射すればさらに1年は効果が持続します。

 

銀座ソラリアクリニックの場合、治療費は1回5万5000円(4回で22万円)と高額です。

ですが、ED治療薬を飲み続けることと比べるとコスパで検討の余地がありそうです。

  

3 薬にも注射にも頼りたくないのなら、びんびん体操がおすすめ

上記で取り上げたED治療薬にも、注射にも頼りたくない方は、泌尿器科の名医が考案した「びんびん体操」がおすすめです。

びんびん体操のやり方は「ウィズコロナ時代に後悔しない暮らしの新常識109」の本を読んでください。

写真入りで載っています。

 

このびんびん体操は、50代のベテランAV男優の田淵正浩氏も20年ほど前から習慣化しており、お墨付きです。 

4 番外編。

番外編の性の雑学を載せます。 

夫のマスターベーションに妻は嫌悪感を抱きがちです。

ですが、実は1ヶ月21回以上のマスターベーションによって前立腺がんを防げます。

1ヶ月に21回以上射精する男性は、4〜7回の人と比べて、前立腺がんのリスクが20%前後も低いのです。

ちなみに、メンタリストDaiGoによると、マスターベーションに罪悪感を抱きながらやると、うつ病など落ち込みやすくなります。

マスターベーションをするときは思い切って楽しんでやるのがいいでしょう。

 

また、以下の記事によると、「EDを放置すると命に関わる」と言います。

  

中高年の「ED」の原因は、陰茎の動脈硬化で血流が悪くなることが多いとのこと。

さらに、身体の中でも最も早く「動脈硬化」が起こりやすいそうです。

つまり、動脈硬化は、陰茎部で起きると「ED」、心臓だと心筋梗塞、頭部だと脳梗塞につながるとのこと。

甘く見てはいけないのですね。

 

加えて、以下の記事によると、性に淡白な男性は早死にする可能性が高いそうです。 

 

性欲の欠如が見られた40歳以上の男性は、がんで死ぬ確率がおよそ2倍だそうです。

さらに、心臓の病気で死ぬ危険も1.5倍高くなることが判明したとのこと。

怖いですね。

 

あと、以下の記事を読むと「女性の性欲は複雑なのだなぁ」と実感できます。

 

ところで、僕の知り合いは以下の強力なサプリを飲んで、ギンギンだったそうです。

EDまでいかない軽症の人、もしくはマスターベーションのお供に使ってみてはいかがでしょうか?

小林製薬の栄養補助食品 マカ亜鉛プレミアム 約30日分 90粒

 

また、以下の記事にはEDに効くかもしれないサプリ(成分)が紹介されています。

 

加えて、以下の記事には、週3回・30分間の運動でバイアグラと同様の勃起不全回復効果が期待できると書かれています。

 

最後に、僕の事例を書きます。

⚠️注意。

「好きな音楽を聞くと(8時間以上流している)男の場合、男性ホルモンのテストステロンが下がる」という科学的データがあります。

実際に、ED気味になっており、ダメージがありましたが、一切聞かなくなったら、ある程度治りました。

人生で重要な音楽でしたが、メンタル安定とテストステロンの正常化のため、諦めました。

あまりにも特殊要因すぎて(1日好きな音楽を8時間以上、毎日流す人はあまりいない)、なかなか気づけませんでした。

 

女性の場合は逆に、好きな音楽を聞くとテストステロンが上がるので、勝ち気になりたいか、性欲を上げたい人は聞くといいかもしれません。

 

あとは、自律神経失調症もED(勃起障害)のいくらかの原因で、僕は当てはまります。

実際に、自律訓練法をやると、EDが多少改善するので。

以下の本に詳しく載っていました。

自律神経の科学 「身体が整う」とはどういうことか

 

この本の217pから図を載せますね。

 

本によれば、自律神経症状は大まかに以下の4つのタイプに分けられるとあります。

(注意 すべての症状が以下の4つにきれいに分類できるわけではありません)

1交感神経系の機能低下による。
2交感神経系の機能亢進による。
3副交感神経系の機能低下による。
4副交感神経系の機能亢進による。

僕は、勃起障害や便秘やドライアイになっているので、3の副交感神経系の機能低下ですね。

同時に、唾液がまぁまぁ多いので、副交感神経の機能亢進が起きているかもしれません。

 

また、合わない(度数)メガネを使って、スマホを長時間見続けていたのも、自律神経によくなかったようです。

近くを見るときには近くの物体に焦点をあわせるため、目のレンズの厚みを変える筋肉につながっている副交感神経の活動が高まるのです。

目の副交感神経が過活動状態になっていたのですね。

 

 

ではこの辺で。(1990文字)

 

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

 

参考・引用文献。

「ウィズコロナ時代に後悔しない暮らしの新常識109」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大量の情報を咀嚼して、独自の視点からの考察・分析・エッセイ記事などを書いています。

質で勝負するブログのため、敢えて正体を明かしていません。

ブロガー歴10年以上。多数のブログ運営経験あり。

得意分野。経済、ビジネス、教育、心理学、執筆、アイデア発想など。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次