AI生成YouTube「総節約時代サロン」はこちらから

約400記事のWordPressブログ所有のブロガーの生活とはどんなものか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
  • URLをコピーしました!

どうも、太陽です。(No30) 

 

僕は2023年10月現在、4つのWordPressブログを所有しており、記事数は合計で382あります。

(これからも増えていくので約400記事としました。2024年1月7日時点)

僕のブログの詳細については以下の記事にまとめています。

 

こんなブログ記事を書いている「ブロガーの普段の生活とはどんなものか?」を記したいと思います。

興味がある人は続きをお読みください。

目次

1 ブロガーの生活。

僕のブログ生活を記します。

毎朝、だいたい6時半ごろに起き、朝食を食べ、身支度を整えます。

 

以下の記事で使っているシェーバーが、僕の髭が濃いせいで、効果が弱いのが困りごとです。

あわせて読みたい
ジャパネットタカタの髭剃り(日立製)を購入!「髭剃りメーカーは独占禁止法違反のカルテルを結んでいる... どうも、太陽です。(No2)   突然ですが、2021年7月13日に関電など4社がカルテルを結んでいた疑惑が報じられました。で、以下の記事によると、2022年12月1日までに、関...

ジャパネットタカタの髭剃り(日立製)を購入!「髭剃りメーカーは独占禁止法違反のカルテルを結んでいるのか?疑惑」

 

シェーバーを二刀流で使っている人は珍しいでしょう。

朝の身支度が完全に終わるのが9時ぐらいになり、その間、DラボやYouTubeなどの動画を流しています。

出かけるのは基本的に週に1回の本屋と図書館であり、毎回約1時間ぐらいです。

 

あとは2023年10月5日に、Yayというアプリで、ビデオ通話の会議(だれビ)に参加した際、自分のあまりの外見の老けぐあいにショックを受け、「10キロ痩せる!」と決意しました。

YayのアプリはPC版がよく、なぜなら、高画質のカメラが使えるからです。 

PC版(ブラウザ)は以下から入れます。

https://yay.space/

 

僕のスマホを使用しての、Yayでのビデオ通話会議(だれビ)だと、なぜかiPhoneSE2のときも、中華スマホ(Redminote11やOppo Reno9A)のときも画質が異常に悪く映るのです。

ですから、PC版を使用しています。

 

さらに、外出時(散歩など)の際に、僕はGravityの音声アプリやYayを使うのですが、Yayのビデオ通話会議(だれビ)はたとえカメラを映さなくても、「ギガをかなり使う」と分かったので、やらないことに決めました。

20分、だれビを使っただけで、約700MBも消費しました。

そして、Gravityの音声通話だと、40分使っても、約100MBしか消費しません。

 

僕の使っている格安SIM(MVNO) はソニーのNuroモバイルでして、3GBと10分カケホーダイサービスで月額1672円です。(その月に使わなかったギガは繰り越せるのが利点)

このNuroモバイルに興味がある人は以下の記事を読んでみてください。

あわせて読みたい
docomoからNuroモバイルに乗り換えた感想・体験記。 どうも、太陽です。(No17)   ブログを読むのが面倒くさくて、YouTube動画をみたい方は以下からどうぞ。 https://www.youtube.com/watch?v=YDlD_ATPE1w&t=63s    ...

docomoからNuroモバイルに乗り換えた感想・体験記。

 

スマホもPCもコスパのよいモノを選んでいます。

僕が使っているOppo Reno9Aは約27000円で購入しました。

以下の記事が参考になるでしょう。

あわせて読みたい
Redminote11とOppo reno9A比較・感想・体験記。 どうも、太陽です。(No28)   突然ですが、以下の過去の記事で、僕は「モトローラのmoto g13スマホとXiaomiのRedminote11スマホの比較・感想・体験記」を書きました。 h...

Redminote11とOppo reno9A比較・感想・体験記。

 

ちなみに、僕は身長が177センチで、体重が77.7キロです。(2023年10月5日現在)

ここから約10キロ痩せて、2024年の夏頃までには68キロに到達するのが目標です。

 

痩せる方法として、以下の記事のやり方をやります。

あわせて読みたい
体脂肪を減らす筋トレダイエット「体脂肪25%から18%まで、1年間と3ヶ月程度で20キロ落としたダイエット法」 どうも、太陽です。(No5)   突然ですが、体脂肪25%から18%まで1年間と3ヶ月程度で20キロ落としたダイエット法は「ツイッターのある人」から聞いた話を元にしています...

体脂肪を減らす筋トレダイエット「体脂肪25%から18%まで、1年間と3ヶ月程度で20キロ落としたダイエット法」

 

10月6日から本気ダイエットを始めています。

12月5日時点で、73.9キロまで減りました。

(10月5日時点で、77.7キロでした)

つまり、61日で、3.8キロ減です。

 

加えて、3.8キロも痩せたのに、老け具合が解消されないのはなぜなのか?考えたところ、ほうれい線と二重あごだと気づきました。

で、2023年12月5日から、以下のKindle本を読んで、顔面マッサージをしています。

ほうれい線が消える! おうちで簡単! 美容整体 (TJMOOK)

 

さて、お菓子代が月に約5000円くらいかかっていましたが、今後はお菓子を極力少なくするので、節約できます。

美容院にも月に2回行っていますが、毎回2200円払っていて、月額4400円です。

僕は坊主なので、節約したければバリカンを買えばいいのですが、オシャレ坊主にしているので、金をかけています。

 

ところで、キリンのプラズマ乳酸菌のサプリiMUSEを定期購入しています。

これは飲料も市販で売られていますが、僕は通販で月額3560円で契約して使っています。

(腸内環境改善・維持のためですが、「さすがに高い」と感じており、そのうちに辞める可能性もあります)

 

プラズマ乳酸菌の効果については以下の記事に詳しく書かれています。

2 ブロガー生活をエンジョイするために。

ブロガー生活をエンジョイするうえで、PCでAndroidアプリを起動できるようになることが挙げられます。

PCでAndroidアプリを使えるようにするには、エミュレーターが必要ですが、一応、合法ではありますが、自己責任の世界です。

以下の記事に、エミュレーターについて詳しく書かれています。

 

記事には有名な「LDPlayer」「NoxPlayer」「BlueStacks」が挙げられています。

「NoxPlayer」については開発元が香港でして、個人情報という意味ではまさに「自己責任で使ってください」ということです。

 

ほかにも、NoxPlayerを使用する際には、ウィルス感染や個人情報流出などの危険性があるといいます。

 

さて、以下のサイトで、僕はアメリカの法人が開発しているbluestacksをダウンロードして、使いました。

https://pcmac.download/jp/emulator#bluestacks

https://www.bluestacks.com/download.html

 

BlueStacksをインストールしたあとに、GooglePlayStoreへも移動できたので、ログインし、オルカというアプリを検索し、インストールしたら、無事に使えました。

次に、Lemoというアプリもインストールしました。

そして、Pokekaraというカラオケアプリ、Gravityもインストールしました。

 

しかし、以下のWindowsバーの挙動がおかしくなるエラーが起き、Windowsを初期化しました。

(因果関係不明)

 

初期化したあと、再び、BlueStacksをインストールしようしたら、なぜか使えなくなっていました。

アンインストールし直しても無理ですし、理由がまったくわからないので使用を諦めました。

 

また、後で気づいたのですが、BlueStacksをインストールし、GooglePlayStoreにログインすると、僕が使っていないスマホ(Galaxy S20 +5G)でGmailにログインされており、驚きました。 

最初は「ハッキングか?」と疑いましたが、BlueStacksでGooglePlayStoreにログインしてからですので、「それか!」と納得です。 

さて、NoxPlayerは何となく怖くて手を出せず、LDPlayerも怖いです。(LDPlayerも本社が上海に、研究開発センターが広州に置かれていますから、NoxPlayerとあまり変わらない気がします)

 

また、スマホ依存気味の僕は以下の記事に挙げられているアプリを試しに使ってみました。

 

中華スマホ(Oppo Reno9A、Redminote11)には、iPhoneのようにスクリーンタイムを測る機能がついていません。

Stay Freeというアプリをインストールし、使いましたが「財産を失う可能性がある危険な権限を与えることも受け入れる覚悟があるか?」と警告があったので、アンインストールしました。

Lock Me Outという「アプリ&ウェブサイトブロッカー」も使いたかったですが、「権限を与えすぎる危険なアプリだ」と思い、使いませんでした。

あと、既読をつけずにLINEを見るアプリである「あんりーど」も使おうと思いましたが、これも「権限を与えすぎる危険なアプリだ」と思い、使いませんでした。  

3 タブレット端末が解決策だ!

結局、タブレット端末(XiaomiのRedmi Pad)を買ったら、GooglePlayアプリも使えたので、すべて解決しました。

タブレット端末を普段から使っている人には常識でしょうが、所有していなかった僕はわからなかったのです。

 

タブレット端末を買う際、2023年9月27日に発売したXiaomiのRedmipad SEか、2022年10月28日に発売したRedmi Padのどちらを買うか、悩みました。

価格はそれぞれ、Redmi Pad SEが21800円、Redmi Padが僕の場合、特殊な方法を用い、約16000円で買えました。

Redmi Padは元々、約4万円で発売されていましたが、発売してから1年が経っていたのと、Xiaomiの端末は3年ルール(OSやセキュリティアップデート保証期間)があるので、2023年11月後半に買った僕は、Redmi Padのセキュリティアップデートが2025年8月までなので、残り21か月(1年と9か月)しか使えません。

 

対して、Redmi Pad SEは21800円で、Xiaomiは4年ルールに変更したらしいので、これを買っていて、2027年8月までだと仮にしたら、残り45か月(3年と9か月)です。

しかも、「イヤホンジャック付き」なのは音声アプリGravityを主な利用目的としている僕にはありがたいです。

しかし、僕はRedmi Padを買いました。

理由は、4万円台のタブレット端末はどのような性能なのか知りたかったのと、Redmi Pad SEは評判があまりよくないので、たとえ「イヤホンジャック付き」だとはいえ、魅力的に思えなかったからです。

 

残り期間が21か月(1年と9か月)しかありませんが、それを終わったら、同じく「4万円台のタブレット端末を買い直そうかな」と計画しています。

僕はスマホの2台持ちで、ハッキングやウィルス除去のため、頻繁に初期化するたびに助かっていたのですが、「スマホとタブレットの2刀流で代替できるのでは?」と気づいたからです。

また、以下の使用率になっています。

ノートPC 6割(Xの投稿とブログの執筆など)
タブレット 3割(Kindle、Gravity、スピーク、メルカリ、他多数)
スマホ 1割(外出時と、LINEと電話とPatersと認証のときしか使わない)

ほとんど外出しない僕のような人はノートPCとタブレットの2刀流が合っているので、特にタブレットには金を惜しまないほうがいいのです。

(それでも4万円台しか買いません)

 

以下に、OPPO Pad AirRedmi PadRedmi Pad SEの性能などの比較を載せておきます。

OPPO Pad AirRedmi PadRedmi Pad SE
最安値Amazonのブラックフライデーにより、
3万7800円から2万8480円
39800円だが、
一般的には約2万円
21800円
発売日2023年6月29日2022年10月28日2023年9月27日
性能4GB/64GBモデル3GB/64GBモデル4GB/128GBモデル
電池7100mAh8000mAh8000mAh
サイズ10.3 インチ10.61インチ11インチ
画面解像度2000 x 1200ピクセル2000 x 1200ピクセル1920×1200ピクセル
スマートペン不明非対応非対応
オーディオ4スピーカー/Dolby Atmos4スピーカー/Dolby Atmos4スピーカー/Dolby Atmos
MicroSDカード対応対応対応
セキュリティアップデート2027年まで?(不明)2025年8月まで2027年まで?(不明)
重さ440g445g474g
ポートUSB Type-CUSB Type-CUSB Type-C/3.5mmイヤホンジャック
防水/防塵不明非対応不明

「セキュリティアップデートの期限」という点からみると、OPPO Pad Airを買う選択肢もありましたね。

処理速度はRedmi Pad SEは総じて、Redmi Padに負けています。

そして、Redmi Padの処理能力は、さらに上の上位機種Redmi Pad6に負けています。

Redmi Pad6は49800円がブラックフライデーにより、44820円になっています。

処理能力は意外と重要で、「画面の切り替わりが遅い」と、多少イライラします。

 

ちなみに、タブレットを使っていたら、「立てかけたほうが楽だなぁ」と感じると思います。

そういう際に以下の便利なカバーがあることを知り、買いました。

【日本正規代理店品】Xiaomi Redmi Pad 10.61イン タブレット用ケース 三つ折りスタンド フリップケース 軽量 傷防止 耐衝撃カバー (グリーン)

 

5980円がブラックフライデーにより、2691円です。

「スマホとタブレットでそこまでの使用感覚の差があるのか?」と疑っている人には以下の写真を貼りますね。

写真に載っている端末はタブレット「Redmi Pad」と、スマホ「Redminote11」です)

ガムテープによって、インカメラを塞いでいます。

  

 

 

実際に使ってみると、この写真以上にインパクトがあります。

 

さて、金銭的に奮発してもいい方は以下のタブレットが良いでしょう。

Xiaomi Pad 6 タブレット 6GB + 128GB Wi-fi版 11インチ 8840mAh 大容量バッテリー 33W急速充電 Snapdragon 870 Android 13 軽量ボディ Dolby Atmos 対応 エンターテインメント 作業 会議 適用 グラビティグレー

 

僕も金に余裕があるなら、これを選びます。

  

次に、時間を戻せるなら、以下のOppoのタブレットを買っていました。

(時すでに遅しです) 

OPPO Pad Air タブレット ナイトグレー 64GB 10.3インチ 薄型軽量 2K ディスプレイ クアッドスピーカー 大容量バッテリー 急速充電 Googleキッズスペース

 

ではこの辺で。(3056文字)

このブログは個人的見解が多いですが、本・記事・YouTube動画などを元にしつつ、僕の感性も加えて、なるべく役立つ・正しいと思われる記事を書いています。

あくまで読者がさらに深く考えるきっかけとなればいいなぁという思いですので、その辺は了解ください。

 

参考・引用文献。

ハイパーガジェット通信
【実機レビュー】Xiaomi Redmi Padは片手持ちで使いたくなる大画面軽量タブレット!雑誌が読みやすく音も良... 日本市場に向けてXiaomi(シャオミ)が初投入したタブレット『Xiaomi Pad 5』。Socに処理能力の高いSnapdragon 860を搭載しつつ、WQHD+(1,600×2,560ピクセル)

  

デイリーガジェット
シャオミの新型2万円タブレット「Redmi Pad SE」レビュー!【スナドラ680でDolby対応】 今回は、シャオミから新発売になった廉価Androidタブレット「Redmi Pad SE」を購入して使ってきた…
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大量の情報を咀嚼して、独自の視点からの考察・分析・エッセイ記事などを書いています。

質で勝負するブログのため、敢えて正体を明かしていません。

ブロガー歴10年以上。多数のブログ運営経験あり。

得意分野。経済、ビジネス、教育、心理学、執筆、アイデア発想など。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次